急がば回れ Beating around the bush.

急がば回れ Beating around the bush.

結局、どんなことでもそうなんです。

あせって失敗して、一からやり直すより、

じっくり考えて行動する、

そのほうが、結果的にいいことが多いようですね。

英語では、いろいろな言い方があります。

 

Haste makes waste.

More haste, less speed.

If you hurry, take a long but steady road.

You will fail if you hurry too much.

 

確かに、急いてはことをし損ずる.

 

さて、なぜ、今回、こんな諺(ことわざ)に出会ったのか?

それは、体の小さな傷も侮るなかれ と思ったからです。

 

だれでも、ちょっとしたことで、手の指を切ったり、擦ったり、

足の爪が巻き爪になったり などなど、ついつい、皮膚疾患を

患うことがありますが、こんな傷なんか、たいしたことはないと

放っておくと大変。

この傷口からばい菌が侵入して、知らないうちに、肝臓の機能が弱まり

疲れやすくなってしまうことがあるからです。

 

みなさんも、こんな傷、たいしたことはないと侮るなかれ。

体は正直です。

しっかりと、治しておきましょう。

 

ちょっと、冒頭のことわざとは意味がずれてますね。

でも、急がば回れ です。

 


 

 

 

関連記事

  1. 首をつっこむ
  2. 水をさす

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 急がば回れ Beating around the bush.

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.furusatoa.biz/mt/mt-tb.cgi/283

コメントをどうぞ






フィード